1. 女子駅伝
  2. 箱根駅伝
  3. ニューイヤー
  4. 高校駅伝

名城大4連覇 立命大4位/全日本大学女子駅伝詳細

<全日本大学女子駅伝>◇25日◇仙台市陸上競技場-仙台市役所前市民広場(6区間38・1キロ)

名城大が完全優勝は逃したものの大会新の2時間2分57秒をマークする圧倒的な強さで京産大、立命大に次ぐ史上3校目の4連覇を果たした。

1区和田有菜(3年)は中継所手前の立命大・飛田凜香(2年)とのデッドヒートに敗れ8秒差でトップを譲ったが、2区山本有真(2年)が並走していた立命大・西原愛華(1年)を振り切り逆に7秒差をつけてトップでタスキリレー。3区小林成美(2年)が区間新の走りで1分3秒差までリードを広げると、ルーキーの増渕祐香(1年)も区間賞でトップを独走。5区のエース加世田梨花(4年)、6区高松智美ムセンビ(3年)も区間新をマークし、2位大東大に2分51秒の大差をつけた。

大東大は4年連続の2位。3位日体大は91年以来29年ぶりの表彰台。立命大は4位で表彰台を逃した。

4連覇を果たし、ポーズをとる名城大の選手ら。前列右端は米田勝朗監督(共同)
4連覇を果たし、ポーズをとる名城大の選手ら。前列右端は米田勝朗監督(共同)
1位でゴールし、胴上げされる名城大のアンカー・高松智美ムセンビ。4連覇を果たした(共同)
1位でゴールし、胴上げされる名城大のアンカー・高松智美ムセンビ。4連覇を果たした(共同)
4連覇を果たし、笑顔でポーズをとる名城大の選手たち。右端は米田勝朗監督(共同)
4連覇を果たし、笑顔でポーズをとる名城大の選手たち。右端は米田勝朗監督(共同)

※タイムは速報値


◆6区=6・7キロ(ネッツトヨタ仙台黒松店前〜仙台市役所前市民広場)


◆ゴール 名城大・高松がトップ独走でフィニッシュ。史上3校目の4連覇を果たした。区間賞は大東大・鈴木で、名城大・高松とともに区間新をマーク

1位でゴールする名城大のアンカー・高松智美ムセンビ。史上3校目の4連覇を果たした(共同)
1位でゴールする名城大のアンカー・高松智美ムセンビ。史上3校目の4連覇を果たした(共同)
4連覇を果たし、チームメートと喜ぶ名城大のアンカー・高松智美ムセンビ(中央)ら(共同)
4連覇を果たし、チームメートと喜ぶ名城大のアンカー・高松智美ムセンビ(中央)ら(共同)

◆最終順位

(1)名城大 2時間2分57秒(大会新)

(2)大東大 +2分51秒

(3)日体大 +3分14秒

(4)立命大 +4分3秒

(5)関大 +4分51秒

(6)大阪学院大 +5分37秒

(7)城西大 +5分49秒

(8)松山大 +7分2秒

※ここまでシード権


(9)拓大 +7分22秒

(10)京産大 +7分25秒

(11)順大 +7分30秒

(12)京都光華女子大 +7分52秒

(13)佛教大 +8分9秒

(14)福岡大 +8分53秒

(15)中京学院大 +8分55秒

(16)東洋大 +9分13秒

(17)東北福祉大 +10分

(18)関大外大 +10分21秒

(19)中大 +11分34秒

(20)鹿屋体大 +13分1秒秒

(21)大阪芸大 +13分29秒

(22)新潟医療福祉大 +13分44秒

(23)札幌国際大 +13分45秒

(24)環太平洋大 +14分20秒

(OP)石巻専大 +18分4秒


◆1キロ 名城大・高松がトップ独走。大東大・鈴木優花(3年)が日体大・宮内志佳(1年)をとらえ2位浮上


◆5区=9・2キロ(五橋中学校前〜ネッツトヨタ仙台黒松店前)


◆第5中継所 名城大・加世田が区間新の走りでトップで高松智美ムセンビ(3年)へタスキリレー


(1)名城大

(2)日体大 +2分52秒

(3)大東大 +3分5秒

(4)立命大 +3分31秒

(5)関大 +3分55秒

(6)城西大 +5分5秒

(7)大阪学院大 +5分21秒

(8)松山大 +5分25秒


◆7・1キロ 大東大・関谷が立命大・松本を抜き3位浮上


◆5キロ トップの名城大・加世田が区間新を上回るペースで通過。単独2位に浮上した日体大・栗原との差は2分14秒。2分29秒差で3位立命大・松本、2分55秒差で4位大東大・関谷


◆2・7キロ 松山大・小松優衣(2年)が福岡大・大野美咲(3年)をとらえシード圏内の8位浮上


◆2キロ 日体大・栗原が立命大・松本をかわし2位浮上


◆1・3キロ 2位立命大・松本に3位日体大・栗原が追いつき2位集団を形成


◆1キロ 名城大・加世田がトップ独走。2位立命大・松本美咲(4年)、3位日体大・栗原泉(1年)。4位大東大は5度目の出場となる関谷夏希(大学院1年)


◆4区=4・8キロ(仙台市太白区役所前〜五橋中学校前)


◆第4中継所 名城大・増渕がトップ独走でエースの加世田梨花(4年)へタスキリレー。増渕は区間賞だったが15分40秒で区間新に2秒届かず。日体大・赤堀が追い上げ、2位立命大に2秒差まで迫る。新潟医療福祉大、大阪芸大、環太平洋大が繰り上げスタート

(1)名城大

(2)立命大 +1分39秒

(3)日体大 +1分41秒

(4)関大 +2分27秒

(5)大東大 +2分32秒

(6)大阪学院大 +3分2秒

(7)城西大 +3分35秒

(8)福岡大 +3分48秒


◆1キロ 名城大のルーキー増渕がトップ独走。2位立命大も1年の小林朝が追走。

3位日体大は赤堀かりん(2年)


◆3区=6・9キロ(仙台育英学園〜仙台市太白区役所前)


◆第3中継所 名城大・小林がトップ独走のまま増渕祐香(1年)へタスキリレー。区間賞は区間新をマークした名城大・小林

(1)名城大

(2)立命大 +1分3秒

(3)日体大 +1分31秒

(4)大東大 +2分4秒

(5)関大 +2分16秒

(6)大阪学院大 +2分28秒

(7)城西大 +2分44秒

(8)関西外大 +2分46秒


◆5キロ トップ名城大と2位立命大の差が40秒前後に広がる


◆4キロ トップ名城大と2位立命大の差は24秒前後


◆3・5キロ 日体大が大東大を引き離し単独3位


◆3キロ 名城大・小林がトップ独走。立命大・中田が2位。3位集団に大東大・山賀、日体大・一瀬


◆1キロ 名城大・小林成美(2年)がトップ独走。2位立命大・中田美優(4年)。大東大・山賀瑞穂(2年)が日体大・一瀬美結(3年)をとらえ3位浮上


◆2区=3・9キロ(仙台育英学園〜仙台育英学園)


◆第2中継所 名城大・山本が立命大・西原を振り切りトップでタスキリレー。区間賞は日体大・保坂晴子(1年)。名城大・山本は区間2位

名城大の1区・和田有菜(右)からたすきを受け取る2区・山本有真(共同)
名城大の1区・和田有菜(右)からたすきを受け取る2区・山本有真(共同)

(1)名城大

(2)立命大 +7秒

(3)日体大 +10秒

(4)大東大 +15秒

(5)福岡大 +35秒

(6)関大 +41秒

(7)大阪学院大 +45秒

(8)関西外大 +53秒


◆3・4キロ 3位日体大が先頭集団との差を詰める


◆2・5キロ 名城大・山本、立命大・西原が並走


◆1キロ 名城大・山本有真(2年)が立命大・西原愛華(1年)をとらえる。3位集団に大東大・秋山祐妃(4年)、日体大・保坂晴子(1年)。5位大阪学院大


◆1区=6・6キロ(仙台市陸上競技場〜仙台育英学園)


◆第1中継所 名城大・和田と立命大・飛田がデッドヒート。立命大が直前で名城大をかわし5年ぶりにトップでタスキリレー

(1) 立命大

(2) 名城大 +8秒

(3) 大阪学院大 +13秒

(4) 大東大 +16秒

(5) 日体大 +19秒

(6) 東洋大 +24秒

(OP) 石巻専大 +26秒

(7) 福岡大 +32秒

(8) 関大 +33秒


◆5キロ 名城大が仕掛け、先頭集団から抜け出す。立命大が追走


◆3キロ 東洋大が集団先頭。名城大、関大、大東大、石巻専大、立命大などが先頭集団。松山大はやや遅れる


◆2・5キロ 新潟医療福祉大、中大、環太平洋大が遅れる


◆2キロ 名城大、東洋大・田浦英理歌(3年)が集団先頭。大東大は名城大の後方についている


◆1キロ 関大・柳谷日菜(3年)が集団先頭。名城大、松山大、立命大、石巻専大、関西外大がすぐ後ろにつく


◆スタート地点 午後0時10分号砲。名城大・和田有菜(3年)、大東大・秋山祐妃(4年)、立命大・飛田凜香(2年)ら25チームが一斉にスタート。天候は晴れ。気温17度、湿度49%、西南西の風5・1メートル


■■■■■■■■■■■


出場チーム

【シード校】

名城大(22年連続22度目)

大東大(10年連続10度目)

立命大(31年連続31度目)

松山大(13年連続13度目)

日体大(9年連続32度目)

城西大(26年連続27度目)

大阪学院大(12年連続27度目)

関大(13年連続13度目)


【北海道】

札幌国際大(4年連続4度目)


【東北】

東北福祉大(14年連続18度目)


【関東】

拓大(3年連続3度目)

順大(2年ぶり27度目)

東洋大(8年連続8度目)

中大2年連続29度目)


【北信越】

新潟医療福祉大(9年連続9度目)


【東海】

中京学院大(2年連続2度目)


【関西】

大阪芸大(5年連続8度目)

京産大(27年連続27度目)

佛教大(3年連続19度目)

関西外大(2年ぶり6度目)

京都光華女子大(7年ぶり4度目)


【中四国】

環太平洋大(2年連続3度目)


【九州】

福岡大(11年連続32度目)

鹿屋体大(2年ぶり16度目)


【オープン参加】

石巻専大(3年連続5度目)

おすすめ情報PR

スポーツニュースランキング