ラマス代表監督3ポイントでの大量失点が敗因

<バスケットボール男子日本代表強化試合:日本93-108アルゼンチン>22日◇さいたまスーパーアリーナ

世界ランキング48位の日本は同5位のアルゼンチンに93-108で敗れた。格上を相手に金星はならなかったが、第3クオーター(Q)に一時、リードを奪うなど健闘した。 

日本代表ラマス監督は、3点シュートでの大量失点を悔いた。「アルゼンチンは試合の入り方、締め方が完全に上手だった。3点シュートを28本中、16本決められた。そこが一番の負けた要因」と話した。ワールドカップ(W杯)へ向けてはディフェンス面での修正を挙げ「ベストな形で臨めるようにしたい」。母国との対戦で突き付けられた課題を糧にしていく。

その他の写真

  • 日本対アルゼンチン アルゼンチンに惜敗し、悔しそうな表情を見せる八村(中央)と渡辺(右)ら日本代表の選手たち(撮影・狩俣裕三)
  • 日本対アルゼンチン 試合前に集合写真を撮る日本代表の選手たち(撮影・狩俣裕三)