鍋キューブで調理簡単「ピリ辛牛丼」味の素レシピ5

トップアスリートの食や栄養面を支える「味の素ビクトリープロジェクト」の管理栄養士、鈴木晴香さんが、日刊スポーツ読者のために、食生活を向上させる「1日1品」の特別レシピを1週間分、提供してくれている。7日連続の5日目となる30日は、低脂質&高タンパク質の「主菜」シリーズ第3弾。

<5>ピリ辛牛丼

牛薄切り肉や、ご飯を使った人気の主食レシピ。「ポイントは油を使わない主菜。鍋キューブで調理が簡単。牛肉は脂身が少ない部位が◎です」

▼材料(2人分)

・牛薄切り肉150グラム

・玉ネギ1/2個

・水300ミリリットル

・「鍋キューブ うま辛キムチ」2個

・ご飯2杯

・温泉卵2個

▼作り方(調理時間15分)

<1>牛肉は食べやすい大きさに切り、玉ネギは薄切りにする。「鍋キューブ」は砕いておく。

<2>鍋に水を入れ<1>の「鍋キューブ」を加えて火にかけ、煮立ったら<1>の牛肉と玉ネギを加えて煮る。

<3>ご飯を器によそい<2>をかけ、温泉卵をのせる。

▼栄養情報(1人分)

・エネルギー533キロカロリー

・塩分4グラム

・タンパク質25・3グラム

・野菜摂取量47グラム(きのこ類、いも類を除く)