速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
広部玄の株やっちゃうぞ

メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  今、心の診察室では
 

【第35回】

精神的ストレスからめまい

今、心の診察室では

本態性高血圧(上)

 心が大きく関係したために病気を引き起こすケースは多い。アパレルメーカーに勤める35歳のB男さんもそんな1人だ。支店長に抜てきされ、とにかく張り切っていた。「他店に負けるな!」と張り切れば張り切るほど、それまではあまり気にならなかった部下の行動が気になり始めた。

 店頭での接客の基本は、部下のだれもが学んでおり、しっかり身につけているはず。ところが、部下の言葉遣い、立ち居振る舞いなど、多くの客を獲得してきたB男さんには、すべてが歯がゆく思えてくる。言わなくてもいいのに、気がつくと部下にやかましく注意をしている。多少せっかちな面はあるものの、B男さんは完ぺき主義者なのだ。

 支店長になって、約3カ月が経過した。思うように店の売り上げが伸びない。どこに原因があるのか、あそこか、それともあそこかと、寝てもさめても仕事のことが頭から離れない。そんなある日、異常が起きた。部下を厳しく注意しているときに、急に脈拍が速くなり、そのうちにフラフラーッとよろけた。軽いめまいを起こしたのだ。しだいに重くなるようなので、急いで近くの内科を受診した。

 高血圧が疑われ、何度か受診するようにいわれた。B男さんはまじめに数回受診した。医師は本態性高血圧で、ストレスが大きくかかわっていると判断。そして、より専門の心療内科を紹介した。

 「本態性高血圧の患者さんの中にも、かなり精神的ストレスが原因と思われるケースが見うけられます。心身症とみなせるケースが20〜30%含まれています。B男さんも、その中の1人でした」と、九段坂病院(東京都千代田区九段南)心療内科の山岡昌之部長はいう。

 だが、心身症としての高血圧症として心療内科へ紹介されてくるケースは、それほど多くはないという。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

本態性高血圧

 日本人の高血圧の90%をも占めているのが本態性高血圧。本態性とは“原因不明”という意味。つまり、現在の医学では原因がはっきり分からないとされる高血圧である。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ