nikkansports.comホームへ

すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ
共通ナビゲーションここから 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ
記事一覧   スコア速報   スポーツカレンダー  最新ニュースをRSSで公開しています
サイト内検索ここから サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ
サイト内検索 
Powered by Google 
click here!
ジャンルナビゲーションここから ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ
nikkansports.com・ホームへ ジャンルナビゲーション
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ ライフページへ
ページメニューここから ページメニューを飛ばす。コンテンツへ ページメニューを飛ばす。コンテンツへ
新聞購読の申し込みはこちら

click here!
モータースポーツ
F1
WRC
MotoGP
スーパーGT
年間カレンダー
オンライン投票
コラム一覧
フォト集
おすすめコンテンツ
  ブログ&コラム
  TV全国番組表
  コンピ指数
  ショッピング
  サッカーメルマガ
  プレゼント
  占い−0学占星術
  映像配信


地域情報
  北海道
  東北6県
  静岡
  なにわWEB
  九州

モータースポーツタイトル画像 F1タイトル画像
コンテンツここから このページの先頭へ戻るこのページの先頭へ戻る

ハンガリーGP

ハンガリー国旗
サーキット
ハンガリーGP・コース図

◆ハンガロリンク
 首都ブタペストの北東約20キロメートルに位置し、86年に東欧で初めてF1GPを開催したサーキット。高低差があり、全長も短く、連続する低速コーナーと短い直線のため追い越しポイントが極めて少ない。「ガードレールのないモナコ」と言われるように平均時速がモナコに次いで低く、予選順位が重要でスタート直後のポジション争いが他GPより激しい傾向にある。全長4.381キロメートル。周回数70周。


 ◇最速ラップタイム  
  予選     1分18秒436     R・バリチェロ(フェラーリ)=04年  
  決勝     1分19秒071     M・シューマッハー(フェラーリ)=04年  


歴代優勝者
ポールシッター 優勝者
1986 A・セナ(ロータス・ルノー) N・ピケ(ウィリアムズ・ホンダ)
1987 N・マンセル(ウィリアムズ・ホンダ) N・ピケ(ウィリアムズ・ホンダ)
1988 A・セナ(マクラーレン・ホンダ) A・セナ(マクラーレン・ホンダ)
1989 R・パトレーゼ(ウィリアムズ・ルノー) N・マンセル(フェラーリ)
1990 T・ブーツェン(ウィリアムズ・ルノー) T・ブーツェン(ウィリアムズ・ルノー)
1991 A・セナ(マクラーレン・ホンダ) A・セナ(マクラーレン・ホンダ)
1992 R・パトレーゼ(ウィリアムズ・ルノー) A・セナ(マクラーレン・ホンダ)
1993 A・プロスト(ウィリアムズ・ルノー) D・ヒル(ウィリアムズ・ルノー)
1994 M・シューマッハー(ベネトン・フォード) M・シューマッハー(ベネトン・フォード)
1995 D・ヒル(ウィリアムズ・ルノー) D・ヒル(ウィリアムズ・ルノー)
1996 M・シューマッハー(フェラーリ) J・ビルヌーブ(ウィリアムズ・ルノー)
1997 M・シューマッハー(フェラーリ) J・ビルヌーブ(ウィリアムズ・ルノー)
1998 M・ハッキネン(マクラーレン・メルセデス) M・シューマッハー(フェラーリ)
1999 M・ハッキネン(マクラーレン・メルセデス) M・ハッキネン(マクラーレン・メルセデス)
2000 M・ハッキネン(マクラーレン・メルセデス) M・ハッキネン(マクラーレン・メルセデス)
2001 M・シューマッハー(フェラーリ) M・シューマッハー(フェラーリ)
2002 R・バリチェロ(フェラーリ) R・バリチェロ(フェラーリ)
2003 J・P・モントーヤ(ウィリアムズBMW) F・アロンソ(ルノー)
2004 M・シューマッハー(フェラーリ) M・シューマッハー(フェラーリ)
2005 M・シューマッハー(フェラーリ) K・ライコネン(マクラーレン・メルセデス)
前のページへ戻る このページの先頭へ
日刊スポーツから | 広告ガイド | 会社案内 | 採用情報 | このサイトについて | お問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。