バドミントン女子シングルスで、準決勝に敗れて3位決定戦に回った奥原希望(日本ユニシス)の銅メダルが確定したと18日、日本バドミントン協会が明らかにした。

 19日に対戦予定だった李雪■(中国)が故障のため棄権したと世界連盟から連絡が入った。日本勢のシングルスのメダルは五輪史上初。

 2012年ロンドン五輪金メダルの李雪■は、世界選手権2連覇中のカロリナ・マリン(スペイン)と対戦した18日の準決勝の第2ゲームに左膝を痛め、試合を続行したものの敗れた。中国国営通信、新華社は中国の李永波ヘッドコーチの話として、試合後の検査で前十字靱帯(じんたい)を損傷していることが判明したと伝えた。

※■は草カンムリに内