コンテンツエリア



メインコンテンツ

寬仁親王牌

注目選手

平原康多(37=埼玉)

前橋で2年ぶりのG1へ

平原康多(37=埼玉)
打倒ナショナルチームを目指してスピード強化に取り組み、後半戦のビッグは4大会連続で決勝進出中。暮れのグランプリ出場へも「残り2つなので」と、G1を取って出る意気込みを見せる。前橋バンクで2年ぶりのG1をつかみ取る。
浅井康太(35=三重)

高速バンクで一気に台頭

浅井康太(35=三重)
落車や失格の欠場期間も響き、9年連続でのグランプリ出場に黄色信号がともっている。G1制覇が必須の状況だが、トリッキーな動きと鋭いタテ足に陰りはない。前橋G1は現在4大会連続で決勝進出中。トリックスターが高速バンクで躍動する。
清水裕友(24=山口)

著しい台頭で上位狙う

清水裕友(24=山口)
若手の台頭著しい中四国で中核を担う若きエース。共同通信社杯ではセッティングに悩んだこともあり、2予Aで敗退したが、全てはG1、そしてグランプリを取るための課程だ。昨年初めてG1決勝に進んだ舞台で、初タイトルを手にする。
郡司浩平(29=神奈川)

頂点へ機は熟した

郡司浩平(29=神奈川)
G1級のビッグレース共同通信社杯を単騎で制し、初のグランプリ出場が現実味を帯びてきた。高松宮記念杯で落車したが「その前より強くなっていると思う」と、誰より本人がパワーアップを実感。最もG1に近い男が頂点を射止める。
中川誠一郎(40=熊本)

前橋でより生きる勝負強さ

中川誠一郎(40=熊本)
前橋のバンクレコードホルダーが、今年G1・2冠の実績を引っ提げて登場。自力戦は減ってきたが、番手回りで勝機が巡ってきた時は、脇本雄太だろうと確実に差し切る勝負強さが光る。高速バンクで今年3度目の「誠ちゃんスマイル」なるか。
渡辺一成(36=福島)

2年ぶりの優勝目指す

渡辺一成(36=福島)
17年の仁親王牌覇者で実績は申し分なし。長らく自転車競技で培ってきたスピードとコーナでの加速力は、カントが立った高速の前橋バンクで生きる。最近は自在性も出て安定感が出てきた。2年ぶりのグランプリへ、快速まくりを放つ。
松浦悠士(28=広島)

グランプリへ正念場

松浦悠士(28=広島)
「共同通信社杯までにグランプリを決めておきたい」と話していただけに、当落線上で迎える今大会は正念場となる。当然、初タイトルを視野に入れている。先行もいとわない前前の自力戦と強気の位置取りで、貪欲に優勝を取りにいく。
佐藤慎太郎(42=福島)

16年ぶりG1制覇も視野

佐藤慎太郎(42=福島)
9年ぶりのグランプリ出場は決定的。スピード競輪全盛時代に、生粋の追い込みが復活を果たすのは奇跡的といえる。今年は全日本選抜、オールスター、共同通信社杯と準V3度。もう2着はいらない。16年ぶりのG1制覇も決して夢ではない。
小林泰正(25=群馬)

地元期待の星!

小林泰正(25=群馬)
初のG1出場となる地元期待の星。16年全日本オムニアムを制した強地足に加え、デビュー2年目らしからぬ大胆な走りで上位陣を翻弄(ほんろう)している。「G3を戦って自分の長所を生かせることが分かった」。大物食いを狙う。
村上博幸(40=京都)

鋭い差し足でV狙う

村上博幸(40=京都)
グランプリ連続出場には崖っぷち。ただ、今の競輪界でG2サマーナイトFを追い込みで勝てたのは、高い追走技術と鋭い差し足があってこそ。直前の地元向日町G3を欠場したのは気掛かりだが、兄義弘とともに近畿を束ねて優勝を狙う。

※名前横は年齢、登録 (10月4日現在)



フィーチャー

ボート競輪オートコンテンツ

ミッドナイト競輪

ミッドナイト競輪・無料PDF新聞

ミッドナイト競輪の全開催で無料予想紙ニッカンPDF新聞を配信。

ニッカン・コム杯特集

ニッカン・コム杯特集

2019年度ニッカン・コム杯特集を公開中。開催・第7弾は徳山。

名古屋競輪PDF新聞

名古屋F1無料PDF新聞

F1中日スポーツ杯の無料予想紙ニッカンPDF新聞を配信。

飯塚オート直前予想

飯塚ミッドナイト直前レース予想

日刊スポーツ担当記者が試走終了後に直前レース予想を公開。

戸田ボート直前予想

戸田・直前レース予想

日刊スポーツ担当記者がスタート展示終了後に直前レース予想を公開。

浜名湖ボート直前予想

浜名湖・直前レース予想

日刊スポーツ担当記者がスタート展示終了後に直前レース予想を公開。

徳山ボート直前予想

徳山・直前レース予想

日刊スポーツ担当記者がスタート展示終了後に直前レース予想を公開。

下関ボート直前予想

下関・直前レース予想

日刊スポーツ担当記者がスタート展示終了後に直前レース予想を公開。

若松ボート直前予想

若松・直前レース予想

日刊スポーツ担当記者がスタート展示終了後に直前レース予想を公開。

芦屋ボート直前予想

芦屋・直前レース予想

日刊スポーツ担当記者がスタート展示終了後に直前レース予想を公開。

ヤマコウの時は来た

日刊スポーツ評論家・山口幸二コラム

おなじみヤマコウが主要開催で注目の選手&レースを鋭く分析します。

敢闘門の向こう側

担当記者が伝える競輪日記

紙面で紹介できなかった、ちょっといい話や裏話を伝えます。

石川純のDream情報局

フリーアナウンサー石川純コラム

ボートレースに関する裏話や選手の思いなどを毎月リポートします。

毒島誠のトップギア

トップレーサー毒島誠コラム

ボートのトップレーサーが月に1回、仕事や私生活を語り尽くします。

ビューティフル・ボートレース

注目の女子ボートレーサーを紹介

毎月の更新で女子ボートレーサーのプライベートに迫ります。

愛 LOVE RACE

公営競技などの話題が満載!

担当記者がボート、競輪、地方競馬のホットな話題をお届けします。

競輪名勝負物語

競輪名勝負物語を動画で配信中!

第10回は再発走2回のGP90年。ロスの超特急・坂本勉が逃げ切る。

ボートコンピ販売

ボートコンピがコンビニで買える

ボートコンピ指数が主要コンビニのコピー機から購入できます。




ボート

節子が節一! 田口節子が今年4回目Vに王手/蒲郡
節子が節一! 田口節子が今年4回目Vに王手/蒲郡 [記事へ]





右カラム