角山雄哉(33=兵庫)がバランス型へ移行させて、2着2本の2連対発進した。

駆る23号機は前回、古場輝義がピット離れと行き足に重点を置いて調整した。「伸びは少し弱かったので、ペラは普通の形にしました。今の足ならバランスが取れて中堅上位。ターンもグリップしてますね」。特に後半8Rは秋山直之の猛追を抑えて価値ある2着をゲット。操縦性を含めて、自分好みに仕上げた。2日目10Rは試練の6枠に挑む。