メインの準決12Rで、地元期待の新鋭・山口多聞(22=埼玉)が果敢に逃げて2着に残り、S級初となる決勝進出を決めた。同じ関東地区のS級上位にいる坂井洋とは別線での戦い。2周過ぎから先頭に躍り出ると、そのまま逃げてみせた。番手に付いた地元の先輩・阿部大樹が後続をシャットアウトし、地元で決勝切符を獲得した。

人気を背負った格上の坂井にも先着した山口は、「バック追い風で展開が向きました。気負うことなく行けたと思います」と力を出し切っての勝利。前日(26日)、坂井とのマッチアップが決まった直後の「見せ場はつくりたいです」との宣言通り、見事な逃亡劇で地元ファンを魅了した。

初のS級決勝を前に、「やることに変わりはないので、とにかく、しっかり持ち味が出せるように頑張ります」。決勝でも果敢に、風を切る。