日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの競馬ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

シンゲン好相性の東京で2強撃破/天皇賞

骨折休養を乗り越えて強くなったシンゲンに期待する
骨折休養を乗り越えて強くなったシンゲンに期待する

<高橋悟史の3連単儲け話:天皇賞・秋>

 今年こそ◎シンゲンが勝つ! 高橋悟史「3連単儲け話」は、骨折休養を乗り越えて強くなった◎に期待する。11カ月ぶりのオールカマーを快勝し、さらに状態は上向き。全9勝中6勝を挙げている東京コースでタイトル奪取だ。

 天皇賞・秋の後、ジャパンC、有馬記念と続く古馬王道路線。道悪になる可能性も大きく、タフな競馬になりそうだ。歴戦の強みを生かしてシンゲンのG1制覇を期待したい。昨秋の天皇賞はカンパニー、スクリーンヒーロー、ウオッカ、オウケンブルースリに続く5着。上がり3ハロン33秒7の末脚を見せたが届かなかった。レースから数日後に骨折が判明。レース中に故障しながら5着と踏ん張ったことを考えれば力は上だ。戸田師は「頭のいい馬だから、骨折してすぐは自分で加減しながら走っているのだろう。だから大きな骨折にはならないのかもしれない」。過去4度の骨折からカムバックした生命力が後押しする。

 昨年、骨折が判明してすぐに陣営は今年の天皇賞・秋を目標にした。夏場はじっくりと乗り込んで前哨戦のオールカマーへ。今回は「パーフェクトな状態で出られる」と戸田師は好感触だ。昨年はエプソムCを勝ってから夏場を休養。その後にオールカマーを使って本番へ向かった。今年は春を休養したため、使い減りもない。昨年よりもよりフレッシュな状態で挑める。道悪についてトレーナーは「極端に悪くなったら分からない。でも走りにパワーがある。しまいが切れる印象があるかもしれないが、走りは力強いから大丈夫だと思う」。

 東京コースは9戦6勝と安定している。負けた3戦もレース中に骨折してのもの。左回りも合うが、のびのびと走れる広いコースが合う。アーネストリーが好位から進めてレースを作る。ブエナビスタの位置取りはスタートしてみないと分からない。だが、スミヨンなら間違いなくアーネストリーをつかまえに行く。力のあるブエナなら取り逃すことなく、鞍上の叱咤(しった)に応えるだろう。そこに末脚を生かしてシンゲンが突っ込む。

 凱旋門賞2着のナカヤマフェスタが不在で、やや手薄な印象の古馬戦線。昨年は8歳のカンパニーが勝ったように混戦だ。ブエナビスタ、アーネストリー、そして3歳馬がいるが、シンゲンの一発に期待する。

 3連単マルチで(2)=(10)=(3)(7)(12)(15)(16)、フォーメーションで1着(10)2着(2)(12)3着(2)(3)(7)(12)(15)(16)。

 [2010年10月30日11時46分 紙面から]


関連ニュース



ソーシャルブックマークへ投稿

  • ツイッター
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは


キーワード:

シンゲン

PR



  • インパラ地力に期待/きさらぎ賞 [29日17:36]
  • 東京マイル得意クラレント/東京新聞杯 [29日17:36]
  • レガーロ仕上がり80%以上/きさらぎ賞 [29日17:30]
  • マッジョーレ逆襲十分/東京新聞杯 [29日17:27]
  • スマイル今年も欠かせない!/東京新聞杯 [29日17:27]
  • 根岸S勝利のマシュウ右前脚骨折 [29日17:25]



この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます






日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです