日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. サッカー
  2. ニュース

サッカーニュースのRSS

札幌270分無得点に小野「頭使え」

チームメートと町田との練習試合を見守るMF小野(中央)
チームメートと町田との練習試合を見守るMF小野(中央)

 世界を知る男が、的確にチームの病巣を見抜いた。J2札幌は20日、熊本県民総合運動公園でJ3町田と45分3本の練習試合を行い、0-0で引き分けた。最後に得点した12日岐阜経大戦から数えて270分無得点という現実に、MF小野伸二(35)は「もっと頭を使ってやるべき」と厳しい言葉を並べた。

 思わず、声が荒くなった。町田戦2本目。敵陣ゴール前に入った小野が、右サイドでボールを持ったMF石井を呼んだ。即座に対応できず、ワンプレー挟んでのクロス。その一瞬の間に、当然、町田の守りは堅くなりチャンスにはならなかった。「その前に(クロスを)上げなきゃ」と、小野は激しい口調で本音をぶつけた。

 1、2本目と、試合は終始、格下の町田ペース。前線でボールを奪えず、奪いどころを絞りきれず受け身になったため、必然的にマイボールの時間は減っていった。小野は「練習でやっていることを、試合でやろうとしすぎて、選手たち個々の良さがなくなっていた。持っている力を出し切れていない」と、約束事にこだわりすぎる傾向を指摘した。

 「チーム全体で連動することが出来ていない。攻撃も守備も満足したとはいえない」とバルバリッチ監督。Jクラブとの実戦に限れば、ここまで3戦で得点したのは小野1人だけ。「点を取れないのは、問題点としてある。この合宿で攻撃のバリエーションをもっと増やしていかないと」。危機感を募らせるベテランの声を、攻撃改善の糸口にする。【中島宙恵】

 [2015年2月21日10時46分 紙面から]

PR情報







日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞