磐田新旧エース流出危機

 前田にオファー ミニゲームを行う前田(手前)。奥は西

 ゴンに続き得点王までジュビロを離れるのか…。J1磐田のFW前田遼一(28)が、G大阪から獲得オファーを受けたことが22日、明らかになった。すでにG大阪側が条件提示しており、今季20得点を決め、7年ぶりの日本人得点王に向けて独走するエースが、潤沢な資金を持つ強豪クラブからの標的となっている。今季限りでの退団が決まっている元日本代表FW中山雅史(42)だけでなく、新旧エースそろっていなくなる可能性が出てきた。

 磐田は6日に前田に対し、複数年での年俸増を提示していたが、その翌日の7日に、G大阪から正式オファーが届いた。中山の背番号「9」を託すなど慰留に全力を尽くす方針だが、金銭面で上乗せできる余裕はない。最悪の事態を想定して鹿島FW田代有三(27)と東京FW赤嶺真吾(25)をリストアップし、調査に乗り出している。

 エース流出の可能性を抱えながら、今週末の28日、次節広島戦でホーム最終戦を迎える。柳下監督は中山をベンチ入りさせることを示唆しており、クラブも功労者を送り出す試合として準備することになる。惜別ムードが高まる中、チームの再編成が急がれるオフを迎えようとしている。