ACミランのステファノ・ピオリ監督(57)は新たにクラブとの契約を25年6月まで延長した。ACミランが10月31日に発表した。

ピオリ監督は現役時代はユベントスやフィオレンティナなどでプレー。ボローニャのユースチームで指導者生活をスタートさせると、インテルや古巣フィオレンティナの監督を歴任し、19年10月にACミランの監督に就任。昨季はミランを11季ぶり19度目のスクデット(優勝)に導いた。