デュッセルドルフのMF田中碧(25)はアウェーのニュルンベルク戦で1得点1アシストをマークした。

1-0の前半41分、敵陣ペナルティーエリア手前で相手ボールを奪い取り、そのまま左足でミドルシュートを決めて今季4点目。2-0の前半終了間際には右からの浮き球のクロスで味方のヘディングでのゴールをお膳立てした。これが今季リーグ戦の初アシストとなった。フル出場し、チームは5-0で快勝した。

同僚のU-22日本代表DF内野貴史(22)は後半途中から出場。ニュルンベルクはFW奥抜侃志(24)が先発し、FW林大地(26)が後半途中から出場した。