日本代表MF三笘薫(26)が所属するブライトンが敵地でチェルシーに2-3で惜敗した。

1-2の後半12分から左サイドで途中出場した三笘は、積極的な仕掛けやクロスボールを供給したが、決定的な仕事はできず、チームを勝利に導けなかった。 英メディア「Sussex World」による採点で、三笘は6点の評価。「ベンチからスラロームするような走りを見せたが、負傷前のキレはなかった。ただ日本代表は終盤に脅威となった」などと評された。

三笘は11月15日に太もも裏の負傷により、日本代表活動から離脱し、11月25日のシェフィールド戦を欠場。同30日のAEKアテネ戦で先発復帰していた。

【動画】三笘薫のトリッキーなドリブル突破、チェルシーDF陣を翻弄