昨季王者で今季9位に沈むナポリだが、エースFWビクター・オシムヘン(25)のハットトリックなどでサッスオロに6発で大勝した。ナイジェリア代表でもあるオシムヘンは、今季は途中離脱もありながら15試合11得点と得点を増産。今夏の移籍市場の目玉になっている。

イタリアメディア「カルチョメルカート」によると、FWエムバペが移籍濃厚のパリ・サンジェルマンがエムバペの代わりのストライカーとしてオシムヘンに触手を伸ばしている。だが、オシムヘンはプレミアリーグでのプレーを希望しており、日本代表DF冨安健洋が所属するアーセナルも熱視線を送っているという。