パリ・サンジェルマンが、エースFWキリアン・エムバペ(25)との別れの準備に入った? パリSGは6日午前5時(日本時間)、欧州チャンピオンズリーグ(CL)16強第2戦で、日本代表MF久保建英が所属するレアル・ソシエダードと対戦する。そこで、エムバペの出場が注目されている。

エムバペが今シーズン終了後、レアル・マドリードへの移籍説が出てから、出場時間が極端に減っている。最近の公式戦出場時間は、28分、65分、45分と、1試合の半分程度して出ていない。前半で交代した際には、後半にはベンチに座らず、観客席で試合を観戦するなど、チームとの関係はうまくいっていない状況だ。

ルイス・エンリケ監督(53)、最近のエムバペの出場時間が極端に減ったことに触れ「100%私の決めたことです。我々はエムバペ抜きの試合に慣れないといけない。チームのために最善を尽くすという私の考えから出した結論です」と話している。

4日の前日公式会見でも、質問はエムバペに集中し、同監督は「彼なしで欧州CLを戦うこともある」と答えた。