◆女子100メートル

常盤木学園(宮城)の佐藤美里(3年)が400メートルリレーとの2冠を達成した。準決勝で自己ベストを0秒10更新する11秒74で今季高校ランキング2位タイに浮上。大会記録も塗り替えた。決勝でも11秒75の好記録で終え、「ベストを出せたし、目標の『(郷右近)美優と2人でインハイ』が実現できてうれしい」と笑顔を見せた。

◆男子5000メートル

吉居駿恭(仙台育英3年)が日本人トップの2位入賞。「タイムより順位を狙っていた。バックストレートが向かい風だったので最後の200メートルで仕掛けた」。