男子66キロ級と女子52キロ級の東京オリンピック(五輪)金メダリスト兄妹、阿部一二三(26)と阿部詩(23=ともにパーク24)がそろって決勝に進出した。

まずは妹の詩が登場し、ベトナム選手に不戦勝。続いて1回戦はシードだった兄の一二三が初戦の2回戦を迎えた。韓国選手を、背負い投げに入る動きからの大外刈りで、豪快に畳へ背中をたたきつけた。涼しい顔で一本勝ちし、場内をどよめかせた。

その後、詩はブラジル選手に寝技で一本勝ちして準々決勝へ。アラブ首長国連邦(UAE)選手を袖釣り込み腰で、準決勝ではイスラエル選手を内股からの崩れけさ固めで退け、オール一本勝ちでファイナルへ進んだ。

一二三もイタリア選手に背負い投げで一本勝ちして準々決勝へ。モルドバ選手を大外刈りと袖釣り込み腰の合わせ一本で下した。準決勝こそモンゴル選手を相手に大外刈りの技あり止まりだったものの、危なげない展開で決勝に進出した。【木下淳】