ラグビー日本代表の次期ヘッドコーチ(HC)最終候補に挙がっている東京ベイのフラン・ルディケHC(55)が4日、今週中に日本協会との最終面接に臨むと明かした。

千葉・船橋市内で取材に応じ「面談後の24時間以内だったり、できるだけ早い段階で決断が下されるだろう」と見通しを示した。代表を7年間率いたジェイミー・ジョセフHCは、10月閉幕のワールドカップフランス大会限りで退任。日本協会は前オーストラリア代表監督のエディー・ジョーンズ氏(63)を次期HC最有力候補に据えながら、候補者を絞り込んできた。