日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの格闘技ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 格闘技
  3. ニュース

井岡初防衛戦は1位エルナンデス

届いたばかりの世界ベルトを手にし、喜びを隠せない井岡一翔
届いたばかりの世界ベルトを手にし、喜びを隠せない井岡一翔

 プロ7戦目で国内最速世界奪取を果たしたWBC世界ミニマム級王者・井岡一翔(21=井岡)が、同級1位のフアン・エルナンデス(23=メキシコ)と初防衛戦を行うことが有力となった。トレーナーの父一法氏(43)が22日、「時期は6月か7月。もう話を進めている」と明かした。

 19戦18勝(13KO)1敗のメキシカンに対し、井岡は「強い挑戦者とやって感動を与えたい。どうせやるなら1位とやりたい。その方が絶対、面白いじゃないですか」と語った。その後についても一法氏は「防衛を2回させて階級を上げたい。ライトフライかフライで王座に就けば、統一戦にも興味がある」と息子の思いを代弁した。

 大阪市内のジムで始動した井岡に、サプライズがあった。所用で東京に出向いていた一法氏が成田空港で届いたばかりの世界ベルトを受け取ってきた。「うれしい。これから自分の力でベルトの重みを増していきます」と満面の笑みだった。【加藤裕一】

 [2011年2月23日8時59分 紙面から]


関連ニュース



このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • ツイッター
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは


キーワード:

WBC世界ミニマム級





この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  論外頭丸めて涙で謝罪「酒が怖い」 - 格闘技ニュース
  2. 2  亀田和毅が帰国、東京マラソンへ向け調整 - 格闘技ニュース
  3. 3  橋本大地初戦は蝶野 爆勝宣言&武藤解説 - 格闘技ニュース
  4. 4  NOSAWA論外10杯涙ながらに謝罪 - 格闘技ニュース
  5. 5  興毅が内藤現役続行に「あの年ですごい」 - 格闘技ニュース





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 格闘技
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです