日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 実業団女子駅伝
  5. ニューイヤー駅伝
  6. 高校駅伝
  1. 箱根駅伝
  2. 往路速報
  3. 復路速報
  4. 成績
  5. 出場校
  6. ニュース
  7. 歴代V
  8. コース
  9. 選手一覧

川内が大会新で優勝/マラソン詳細

1位でゴールテープを切る川内(撮影・多田篤)
1位でゴールテープを切る川内(撮影・多田篤)

<別府大分毎日マラソン>◇3日◇大分市高崎山うみたまご前-大分市営陸上競技場(42・195キロ)

 川内優輝(25=埼玉県庁)が2時間8分15秒の大会新記録、自己ベスト記録で優勝を飾った。ロンドン五輪6位の中本健太郎(安川電機)との一騎打ちを制した。

<ゴール=2時間8分15秒>

 川内の粘りは最後まで途切れず、優勝のゴールテープを切った。中本は2位で2時間8分35秒だった。

<40キロ=通過タイム2時間1分43秒>

 中本が先頭、川内が必死の形相でついている。

 残り1・7キロの給水で川内が前に出た。5度目の仕掛け。同1・4キロの登りで川内が必死に腕を振り、スパート。中本が離れた。

 川内が中本を引き離して競技場に入ってきた。

<35キロ=通過タイム1時間46分27秒>

 中本が先頭、川内がついている。

 36キロの登りで川内が必死にスパート。前方に出たが、中本は離れない。

 37キロの下りで川内が4度目の仕掛け。しかし、中本は離れない。逆に、中本が前に出た。川内も必死に食らい付く。

<30キロ=通過タイム1時間30分16秒>

 中本が先頭で通過、川内がついている。中本は冷静な表情を崩さず、川内はやや苦しげだ。

 その後も中本と川内の激しいレースが続いた。

 33キロ地点で川内が前に出た。水を頭からかぶった。

 すぐに中本が先頭に。川内が必死に食らい付く。

<25キロ=通過タイム1時間16分1秒>

 先頭集団は5人になった。川内、中本、河添俊司(旭化成)、大塚良軌(愛知製鋼)、テウェルデ・エスティファノス(エリトリア)。

 26キロ地点で川内が前方に出た。中本は3回続けて自分の給水ボトルを取れなかった。

 28キロ地点で川内がスパートし、先頭に出た。中本だけがついていく。

 28・8キロ地点で中本が前に出た。川内がついていく。

<20キロ=通過タイム1時間46秒>

 中本は18人の先頭集団の中ほどに位置し、川内がその後ろにピタリとついている。

 中間点通過は1時間4分7秒。先頭集団は15人になった。

 22キロ地点で集団がバラけてきた。先頭集団は10人。

<15キロ=通過タイム45分25秒>

 先頭集団は18人。川内、中本は集団の中ほどに位置している。

<10キロ=通過タイム30分18秒>

 川内らが先頭集団。川内は中ほどに位置し、そのすぐ後ろを中本が走っている。

 12キロ地点で中本が集団の中ほど、川内が後方に位置している。

 13キロ地点で立石慎士(安川電機)が転倒したが、すぐに先頭集団に戻った。

<5キロ=通過タイム14分59秒>

 川内らが先頭。集団は40人ほど。

 6キロ地点、川内はペースメーカーの前に出て、慎重に給水ボトルを取った。集団に入ると、中ほどに位置取りした。

 8キロ地点で先頭集団は約30人。日差しが強めで、選手は頭から水をかぶるなどした。

<スタート>

 号砲が鳴り、公務員ランナーの川内優輝(埼玉県庁)、中本健太郎(安川電機)が並んでスタートを切った。

 川内は積極的に先頭に立った。集団は縦長に大きい。

 天候は晴れ、気温11度、湿度45%、風速2・7メートルのコンディション。

※記録は速報値

<主な招待選手>

川内優輝(埼玉県庁)

中本健太郎(安川電機)

佐藤智之(旭化成)

石田和也(西鉄)

アダム・ドラチンスキ(ポーランド)

セルオド・バトオチル(モンゴル)

テウェルデ・エスティファノス(エリトリア)

 [2013年2月3日14時42分]

PR情報








日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞