阪神対ソフトバンク 5回表ソフトバンク1死、甲斐拓也の左前安打を処理する大山悠輔(撮影・上田博志)
阪神対ソフトバンク 5回表ソフトバンク1死、甲斐拓也の左前安打を処理する大山悠輔(撮影・上田博志)

ゲームが動くなかで驚いたのは、大山がレフトに回ったことです。この日のソフトバンク戦は三塁でスタメン出場したが、5回表の守備から、それまで左翼を守った陽川と、そのまま入れ替わりました。

率直に感じたのは「なぜ大山がレフトなの?」という疑問でした。昨季は主に三塁のポジションに就いていました。公式戦で外野を守ったのは2年前らしい。このシフトチェンジを本人がいかに受け止めたか。

ぼくが大山の立場だったら「なんでレフトを守らなあかんのや」という気持ちになったでしょう。矢野監督は「選択肢」という答えだったようですが、左翼は福留、サンズ、高山らがいて現実的には厳しい。

もちろんチーム方針だから従わざるを得ないのですが、この交代が今の大山の評価を表しているということでしょう。外国人、ベテラン抜きの試合で大山は「4番」に入った。でも結果は2つの三振を含む4打数ノーヒットでした。

特に6回1死三塁の好機は、ソフトバンク二保の1ー2からボールになるタテに変化したスライダーに空振り三振でした。大山の打席には工夫が感じられなかった。例えば2ストライクに追い込まれてから次の球を待つ何秒かの間にもっと考えないと。

前にも述べたが、外国人マルテの状態が良い。フィールディングも安定しているし、現状で三塁は計算の立つマルテが本線でしょう。開幕まで残り6試合になったサバイバルで、大山の発奮、巻き返しに注目したいものです。

(日刊スポーツ評論家)

阪神対ソフトバンク 6回裏阪神1死三塁、三振に倒れる大山悠輔(撮影・上田博志)
阪神対ソフトバンク 6回裏阪神1死三塁、三振に倒れる大山悠輔(撮影・上田博志)