岡田彰布という監督は、選手を褒めたり、絶賛したりすることが、ほとんどなかった。最初の監督時がそうで、自分の心の中で、認める。そういうタイプの監督だった。

それが先日、驚いたことがあった。岡田と話していると、こう切り出した。「なあ、佐藤輝が変わったと思えへんか? オレにはホンマ、大きく変わったと思えるんよな。技術的な面もそうだし、精神面も。それが終盤のバッティングに表れていたよ」。ここまで認めるのはめったにない。

岡田と佐藤輝…。今年から初めての出会いであったのだが、岡田の口から出るのは、ボヤきばかり。それも容赦ないものばかりだった。しかし、そんな関係が大きく変わった。まず技術を認めるようになった。

バッティングで重要なのは、まずタイミングの取り方。佐藤輝はこれまで、タイミングのズレ、遅れが指摘されてきた。まずここを修正した。相手投手に立ち遅れないように、自分のタイミングでバットが出るようになった。さらに悪癖だったボール球の見極め。「そらボール球を振る時はあるよ。それでも打ちにいって止まることができるようになった。何より見送り方がよくなったわ」。これは見極めができている証拠。それが伝わってくる打席が増えたと、岡田は明かした。

それができれば、佐藤輝の持つポテンシャルで遠くに飛ばす確率が上がる。シーズン終盤、それを実証したというわけだ。

心の面にも触れた。「そら、アイツのコメントを聞いてたら、わかるよ」。例えば佐藤輝が活躍して、試合後のヒーローインタビュー。岡田はその頃、監督室にいるから、何を話しているか、わからない。でも球団関係者に「何を言うてた?」と確認している。ある時、「最高です」と叫んでいた、と聞かされた。それが何度も…。

岡田はフロントにこう言い放った。「最高です、は止めさせろ。ファンは遅くまで残って、インタビューを待っているんや。最高です、ではなくて、もっと具体的なこと。もっと違う表現で答えさせろ。最高です、で片づけたらアカンと思うで」。いつの頃から球界ではやった「最高でーす」のフレーズに待ったをかけ、禁止令までだした。

「クリーンアップを打つ選手なんよ。やっぱりそれなりの言葉があるはずやから」。岡田の指令は佐藤輝に届いたのだろう。以来、発する言葉に変化が生まれた、と岡田には感じられた。こういうことも含め、明らかに佐藤輝の心技がチェンジしていった。

打順は5番。重要なポジションであることを最もわかっているのが岡田である。現役時代、バース、掛布のあとの5番を打ち続けた。「当然、ランナーがたまったところで巡ってくるわけやし、それをかえすのが5番。そういう打順よ」。今年がそうだった。1番近本、2番中野。3番は流動的だったが、4番大山と非常に出塁率の高い並びだったから、5番のところがカギを握ることになった。

それを裏付けるのが佐藤輝の打点。これはチーム最多で、いかに前が塁に出たかを示すことになった。

ひと皮むけたかな…とニヤッとした。そして、これから向かうCSファイナルステージのキーマン、ポイントとして挙げたのが佐藤輝だった。「そらアイツのところで塁はにぎわっているはず。そこでどんなバッティングをするか。ここよな」。シーズン前半とは、まるで違う佐藤輝への期待感。成長曲線が本物かどうか。問われる戦いは目前に迫っている。【内匠宏幸】(敬称略)