「こんな勝ち方できるんやったら最初からやってくれよ。勝負どころの9月で負けすぎやねん」。虎党のそんな声が聞こえてきそうな試合だった。今季苦手の広島戦で。マツダスタジアムで。阪神が快勝である。

先発・才木浩人を3回で降ろし、怒濤(どとう)のブルペン攻め。これも「もっと早くからやってほしかった」と思わなくもないけれど、白星のついた藤浪晋太郎を筆頭に気迫のこもった継投ではあった。

4シーズン、指揮を執った矢野燿大の戦いも残り3試合になった。選手起用、采配など批判されることも多いが功績もある。この日、投げた投手たちを見ていて、それを実感した。

才木はもちろん、この日は打たれたが島本浩也と手術から若い投手を復帰させた。藤浪も開幕投手に指名するなど復活への道筋をつけたといってもいい。湯浅京己の起用も眼力だろう。西純矢らも使った。

「選手が頑張っただけ」。そんな意見も出るかもしれないが、それなら結果の出ないとき、勝てないときも全ては選手の責任になる。フロントを含め、矢野も評価するべきところはするのが公平な姿勢だろう。

その投手陣に比べて打線だ。この日は相手先発・大瀬良大地の不調につけ込んで1回に4点先制。試合を決めた。「新旧の…」と言えば原口文仁にしかられるかもしれないが原口、佐藤輝明と2人のスラッガーに本塁打が出たのは大きい。中野拓夢、近本光司、大山悠輔、梅野隆太郎もしっかり打った。

いずれも主力だ。あえて言えばフレッシュに生まれ変わりつつある投手陣に比べ、打者で新しい顔ぶれが出てこない印象がある。この日は高寺望夢がプロ初安打を放ったが途中から守備で出た小幡竜平を含め、こういう面々をしっかり起用できるようになれば、ムードも変わるはずだ。

先手を取られると弱いのも課題だ。佐藤輝は若いし、大山もまだこれから。その2人が好調ならもっと勝てるが、波はあるし、落ち込むときも長い。そこを克服し、さらに若い面々メンバーとかみ合えばもっと強くなれるはず。楽観的だが明るい展望も広がる。

勝つには勝ったがクライマックスシリーズ進出は巨人、広島の結果に左右されるし、正直、厳しい。それでも残り3試合、首位ヤクルトとの対戦で来季につながる姿を見せてほしい。そう思っている。(敬称略)【高原寿夫】(ニッカンスポーツ・コム/野球コラム「虎だ虎だ虎になれ!」)

広島対阪神 快勝の阪神ナインを迎える矢野監督(中央)(撮影・加藤孝規)
広島対阪神 快勝の阪神ナインを迎える矢野監督(中央)(撮影・加藤孝規)
広島対阪神 5回裏広島、阪神3番手の藤浪(撮影・加藤孝規)
広島対阪神 5回裏広島、阪神3番手の藤浪(撮影・加藤孝規)