前年優勝の聖光学院(福島)清水正義主将(3年)が開会式に1人で入場行進し、優勝旗を返還した。

今春は地区大会で福島商に敗れ、県勢相手の連勝が49でストップ。県大会2回戦でも東日本国際大昌平に2-6で敗れ、東北切符を逃しただけに「悔しさを成長の糧にしていかなくてはいけない。自分たちの野球で何かを感じていただけるよう、心の面で強くなりたい」。夏13連覇に巻き返しを誓った。