大阪ガスが延長12回タイブレークの末、惜敗した。

阪神ドラフト1位の近本光司外野手(24)は第2打席に意表を突く初球バントで出塁すると、すかさず二盗を決めチャンスを作った。しかし5打数1安打でチームを勝利には導けなかった。社会人最後の大会が終わった近本は「社会人野球での2年間は野球人生で大きい」と振り返った。1回戦では3安打の固め打ち、この試合では小技を見せるなど、持ち味の俊足巧打を十分にアピールした。「次は、チームの勝利につなげられるようなプレーをしたい。今よりレベルアップしなくては」。唇をかんだ近本はプロの舞台での飛躍を誓った。