西武山川穂高内野手(27)が5日、メットライフドームで契約更改交渉を行い、7760万円アップの1億1000万円でサインした。「今年の成績に関しては満足です。来年は今まで助けてもらっていた浅村さんもいなくなる。重圧を背負って、なおかつ50本打つつもりでいきます」と笑顔で宣言した。

4番として優勝の原動力となった今季は打率2割8分1厘、47本塁打、124打点をマーク。本塁打王のタイトルに加え、初のリーグMVPに輝いた。(金額は推定)