ソフトバンクからドラフト1位指名された大阪桐蔭・前田悠伍投手(18)が29日、大阪市内で球団と仮契約を結んだ。契約金1億円、年俸は出来高払いなしの1000万円。背番号は後日発表されるが、22年までのエースだったメッツ千賀が背負った41とみられる。

「世代NO・1」の呼び声高い前田は大阪桐蔭2年の選抜大会で優勝に貢献し、同年夏は8強。3年の同大会は4強入りした。3年夏の甲子園出場は逃したが、高校日本代表のエースとしてU18W杯初制覇を果たした。

将来はソフトバンクの大黒柱と期待される左腕。仮契約を終えた前田は記者会見で意気込みを語った。

「あらためてプロ野球選手の一員になるんだなという気持ちが強かった。ドラフトのときに長く活躍する、と話していましたが、ソフトバンクでエースになるということも目標にしたい。野球の技術はもちろん、私生活や行動もしっかりして全部の面でエースと呼ばれるようになりたい。ファンの方には強気な投球というか、チェンジアップなどいろんな球種を使って打者を打ち取っていく姿を見ていただきたいです」

福岡のイメージは「おいしい食べ物がたくさんあると思う。明太子や博多ラーメン。ラーメンは大好きなので楽しみです」と目を輝かせた。(金額は推定)

【関連記事】ソフトバンクニュース一覧はこちら―>