オリックスから日本ハムにFA移籍した山崎福也投手(31)が投打二刀流に意欲を示した。信和グループ主催の野球教室に参加し、小学生からの「二刀流したいか?」に「したい」と返した。イベント終了後の取材では「打ちたい気持ちもあるけど、チームバランスもある。監督、コーチの意見を聞いてやっていきます」と話すにとどめた。それでも新庄監督は獲得時に「新しいことをどんどんさせていきたい。結果出しゃあね、もうそれが答え」としており、双方が前向きだ。

さらに、山崎福は小学生からの直球質問を受けた。「なんで日本ハムに行くんですか?」の問いには苦笑いを浮かべながら「いろいろ事情があるんですよ(笑い)」と回答。日本ハムでしたいことを問われると、「野球をすることは変わらないので、オリックスを倒すことかな」と打倒オリックスを宣言した。直球質問には「子どもらしい質問でかわいかったですね」と振り返った。

宮城大弥投手(22)も左腕のFA移籍に「自身が決めたことなので仕方ない」と前置きしながら、「ファンの方は応援してほしいですし、僕たちは一生懸命全力で戦いたい。礼儀は関係なしに全力勝負するだけだと思います」と真っ向勝負を誓った。

山崎福は野球教室を振り返って「楽しかったですね」と笑顔。所沢市出身で、「西武の選手とかにやってもらったことはありましたね。昔を思い出しました」と懐かしんだ。小学生投手と打席で対戦し、右翼へ大きな飛球を打って会場を沸かせる場面もあった。

【関連記事】日本ハムニュース一覧