プロ野球の榊原定征コミッショナーは4日、「ハラスメント根絶」に関する談話を発表した。

楽天の安楽智大投手(27)が複数の後輩選手へのパワーハラスメントを認定され、自由契約となったことを受けてのもの。次の通り。

「今回の楽天球団における事案は、プロ野球選手である前に社会人としても許される行為ではありません。ハラスメントは個人の人格や尊厳を傷つけるばかりか、選手やコーチそしてプロ野球に携わるすべての関係者に悪影響を及ぼす問題です。それを見過ごすことは許されません。本日の実行委員会であらためて12球団に対し、ハラスメント防止の徹底によるコンプライアンスの順守を指示いたしました。

具体的な対応として、各球団内に選手が安心して相談・通報できる複数の窓口を設置します。また、来年の春季キャンプ期間中に、全選手を対象にしたハラスメント防止講習会を実施して、より一層のコンプライアンス意識の向上を図ります。

選手、スタッフ、球団職員らが互いに尊敬し合う健全な環境づくりに取り組み、ファンの皆さまのご支援に応えられる野球界になるよう、NPB、12球団で一層の努力をしてまいります」