巨人大勢投手(24)が7日、都内の球団事務所で契約更改し、100万円減の年俸5600万円でサインした。「自分自身もふがいない成績だったのでもっと下がるかなと思ったけど球団がWBCとか春先の成績で、100万円減と言われました」と話した。

2年目の今季は3月のWBCに参加してチーム最多の4試合に登板していずれも無失点。アメリカとの決勝ではダルビッシュ、大谷につなぐ7回を封じ、世界一に貢献した。

シーズン序盤は抑えとして活躍するも、後半は右上肢のコンディション不良に苦しんだ。今季は27試合の登板にとどまり、3勝0敗、14セーブ、防御率4・50だった。

来季の目標には「セーブ王」と書き込み「来年もクローザーをやらせてもらえるという甘い気持ちはない。もう1度、クローザーを奪いに行くという気持ちでやりたい」と決意を込めた。(金額は推定)