オリックスは7日、小野泰己投手(29)、平野大和内野手(22)の2選手と育成契約を結んだと発表した。背番号は小野が130、平野大が004。

小野は昨オフ阪神から育成選手として入団。今年4月に支配下登録を勝ち取るも、5試合の登板にとどまった。左脇腹を痛めて現在は復帰を目指す最中で、再び育成選手として再スタートする。

この日、契約更改交渉に臨み、現状維持の500万円でサインした小野は「戦力として考えていると言ってもらったんで、しっかりその期待に応えられるようにやっていきたいと思います」と覚悟を見せた。シーズン途中に右腕を下げたサイドスローに挑戦し、自己最速158キロをマーク。「今年、スピードで言えばマックスを更新できたので、まだまだもっといけるんじゃないか、もっといきたいなと思います」とさらに更新を誓った。

19年育成ドラフト4位で入団した平野大は、今年7月に支配下登録。7月30日の日本ハム戦(エスコンフィールド)で初出場し初安打をマークしたが、4試合の出場にとどまった。

育成再契約となった平野大もこの日、契約更改交渉に臨み、現状維持の500万円でサイン。「支配下を勝ち取ってうれしい気持ちになって、1軍で出られていい経験にもなって、悔しい気持ちとうれしい気持ちの1年でした」。感情の入り交じる今季を振り返り、来季へ決意。「あこがれの舞台でできて、この舞台でずっとやりたいなと思ったので、もっと頑張って1軍の試合に出られるようになりたい」。1軍定着へ力を込めた。

【関連記事】オリックスニュース一覧