ヤクルトからドラフト1位指名を受けた専大・西舘昂汰投手(22)が、ドジャース入りを決めた大谷翔平のような“きれいな”大人を目指す。

10日、都内で行われた東都大学野球秋季リーグ戦の表彰式に出席し、2部のベストナインに選出された。大谷へ憧れを抱く最速152キロ右腕は「人間として、どこ取られても恥ずかしくない行動をとってらっしゃっている」とうなずいた。特に感化され、見習いたい行為はごみ拾い。「気遣いっていうのはどんどん出来なくなってくると思う。神宮球場の周りは、僕がきれいにしていきたい」。神宮美化活動に名乗りを上げた。

チリも積もれば山となる。自身の部屋は「汚いですね。そこも変わらないといけない」。まずは、身の周りから見違えさせる。ヤクルトの先輩からも「一流の選手はロッカー周りがきれい」と金言を授かった。大先輩・青木のロッカーはきれいだった。「ファンの人に見えないところも一流の選手はすごい気に掛けていた」と常に整理整頓を心がける。「学生じゃなくなるので、SNS含めて責任ある行動を取らないといけない。軽はずまないようにやりたい」。心を豊かに整え、誰からも尊敬される、気遣いの出来る男になる。【栗田尚樹】

【関連記事】ヤクルトニュース一覧