日本高野連は1日、大阪市で全体審議委員会を開き、盛岡誠桜(岩手)が憲章違反をしたとして日本学生野球協会の審査室へ処分を上申すると発表した。

岩手県高野連に情報提供のあった当該校の3年生野球部員の飲酒行為、野球部指導者による野球部員、一般生徒への暴言及びハラスメント行為などについて、調査・報告を複数回拒否。2月16日に2度目の厳重注意の措置と同26日までに調査・報告を求める付随的指導を決定していたが、期日までに提出されなかった。高野連の尾上良宏理事は「報告が上がってこないことが違反行為になる」と措置がとられた。処分の内容としては謹慎、対外試合禁止、学生野球資格の喪失などが科される可能性がある。