ミュージシャンのGACKT(50)が3日、X(旧ツイッター)を更新。映画「翔んで埼玉~琵琶湖より愛をこめて~」(武内英樹監督)の撮影現場の裏側を明かした。

GACKTは「最近、翔んで埼玉の事をよく聞かれるから、ちょっと書いてみるか」と切りだし「想像もつかないだろうが、翔んで埼玉のロケは本当に過酷で現場も常にピリピリだった。これは、一作目も今作も変わらない」と投稿。その上で「監督がとにかく変な人で、笑わせる演技は絶対NG。ただただシリアスにコメディをするというなんとも奇天烈な撮影現場だ」と振り返った。

「だからこそボクはこの映画は当たらないと思っていた、最初からずっと」と打ち明け「撮影中に笑ってたのは監督だけという異質な撮影現場だよ」とつづった。

続く投稿でGACKTは「それでもボクが撮影に耐えられたのはメンタルリセットの方法を知っていたから。方法は簡単。『心が空っぽになるまで笑うこと』」とし「人間はコミュニティの中の生き物だから誰かと笑えばメンタルはリセットされる。もうこんな状況じゃ笑えねーよって笑えればそれでリセット。簡単だから試してみ」と呼び掛けた。