宝塚歌劇団は8日、兵庫・宝塚大劇場での雪組公演「ボイルド・ドイル・オンザ・トイル・トレイル」「FROZEN HOLIDAY(フローズン・ホリデイ)」について、この日から10日までの休演を発表した。

劇団では「公演を安全に実施することが困難」と説明した。

同公演をめぐっては、前日7日に、午前11時開演分の公演をめぐり、予定時間を15分すぎた午前11時15分ごろ、急きょ取りやめ。劇場の総支配人が客前で、「出演者が体調不良のため、回復の見込みが立たない」と説明した。

すでに観客が入場した後の異例の中止となったが、午後3時30分開演分は「(体調は)その後、回復した」として、実施していた。

劇団では9月に25歳宙組団員が転落死し、10月1日から宝塚大劇場での宙組公演を中止。続く、雪組公演も、開幕予定だった11月10日からの上演を取りやめ、12月1日に、当初から3週間遅れて開幕。だが、5日午前公演でも1部の芝居中に、劇団によると「30分程度、舞台のトラブルで公演が止まった」ハプニングもあった。