テレビプロデューサーの佐久間宣行氏(48)が、21日放送のニッポン放送「佐久間宣行のオールナイトニッポン0」(水曜深夜3時)に出演。ビートたけし(77)がフジテレビ系「奇跡体験!アンビリバボー」のストーリーテラーを卒業することについて語った。

たけしは97年の番組開始から約26年半にわたり出演。3月6日の放送をもって卒業することが発表された。佐久間氏は、この話題を取り上げると「これはもう単純に、テレビ業界がどんどんコンパクトになっていくってことじゃないですか?」と私見を述べた。

また「あとはご年齢ってこともあって、タモリさんも卒業されたじゃん?」とレギュラー放送終了が決定したNHK「ブラタモリ」に触れながら、「正直、ああいう大物の方って誰かが仕事をたたみ始めると、自分もかな? ってなる時があるんだよね。シンクロすんのよ。タモリさんの『ブラタモリ』とたけしさんのストーリーテラーとみたいな感じで」と自身の経験から説明。「ちょっとずつ終活じゃないけど、タモリさんで言うと。タレントとしてね。それの一環だと思う」と語った。