04年の英愛オークスなどG1・7勝を挙げ、2度(04、06年)の欧州年度代表馬に輝いた名牝ウィジャボード(牝21、父ケープクロス)が、29日に死んだことが分かった。

「サラブレッドデイリーニュース」電子版が伝えている。

ウィジャボードはダービー卿が所有し、エド・ダンロップ師が管理。3歳時には英オークス、愛オークスを制した後、凱旋門賞3着(1着バゴ)から米国に遠征し、BCフィリー&メアターフを制した。

4歳時には香港ヴァーズを勝利(2着シックスセンス)。5歳時にはプリンスオブウェールズS、ナッソーS、BCフィリー&メアターフでG1・3勝を挙げた。

ジャパンCに05、06年と2年連続で参戦。05年はアルカセットの5着、06年はディープインパクトの3着に好走した。06年の同馬以降、ジャパンCに参戦した外国調教馬は1度も馬券圏内に入っていない。

現役引退後はニューマーケット(英国)にあるスタンレーハウス・スタッドで繁殖入り。繁殖牝馬としてはガリレオとの間に生まれたオーストラリアが14年に英愛ダービーと英インターナショナルSを制覇。ドバウィ産駒のフロンティアズマンも17年にコロネーションCで2着に好走している。

競走馬としても繁殖牝馬としても超一流だった。