“小倉の鬼”として知られたアリーヴォ(牡6、杉山晴)が22日付で競走馬登録抹消となった。今後は乗馬となる予定。けい養先は未定。

20年10月にデビューし、3戦目となった21年2月小倉で初勝利。その後、1~3勝クラスもすべて小倉で勝利し、22年小倉大賞典(G3)では重賞初制覇を飾った。全5勝を小倉で記録し、小倉5戦無敗を誇った“鬼”だった。

通算成績は12戦5勝。重賞1勝。22年大阪杯では武豊騎手を背に3着に好走。22年宝塚記念14着がラストランとなった。

父はドゥラメンテ、母はエスメラルディーナ(母の父ハーランズホリデー)。付加賞を含む総獲得賞金は1億4711万3000円。馬名の意味は「到達する(イタリア語)。父名より連想」。