丹生・玉村昇悟フォーム改造「いい感じできている」

<ドラフト候補生全員!? 会いに行きます>

最速147キロ左腕の丹生(にゅう=福井)・玉村昇悟投手(3年)が20日、金沢市で星稜(石川)との練習試合に先発し6回0/3を1失点、3安打5奪三振と好投した。

最速は140キロだったが集まった9球団20人のスカウト、編成担当者は一様に直球の質の良さを絶賛。フォーム改良が功を奏したという玉村は「決めにいった直球があまり打たれなかった。いい感じできています」と手応え十分だった。

その他の写真

  • 星稜相手に力投する丹生・玉村(撮影・柏原誠)