関東第一が打線つながり13得点大勝、初谷が3長打

<高校野球秋季東京大会:関東第一13-0駒込>◇23日◇2回戦◇市営立川

関東第一は打線がつながり、9安打13得点で5回コールド勝ちした。1番の初谷健心二塁手(1年)が3長打で打線を引っ張った。

初回先頭で左中間を破る三塁打を放ち、次打者の左前打で先制ホームを踏んだ。2回には中前に抜ける当たりで二塁まで進み、再び生還。4回には左翼線へのポテンヒットで二塁を陥れた。

50メートル走は6秒7。超俊足でならし、今夏の甲子園8強へとけん引した旧チームの1番打者、大久保とはタイプが異なる。積極的に振って、外野手の間を抜く当たりでヒットを狙う。「チームの流れをつくるためにも、第1打席は大事にしてます。引っ張ると力んでしまうので、センターから逆方向を意識してます」と自らのスタイルを説明した。この日の3本は、いずれも中堅から逆方向。狙い通りの打撃で勝利に貢献した。

米沢貴光監督(44)は「まだ体ができていないけど、油断することなく、やっている。一番期待しています」と、1年生の頑張りに目を細めた。次戦は、8強をかけて帝京と対戦する。「(帝京の投手の)田代君、武者君。うちより経験している選手が多い。東東京は帝京さんが前をいき、我々は挑戦者。いつも、そういう気持ちでいます」と気を引き締めていた。