広島丸V打「走者かえしたかった」主軸3連打で一気

  • FacebookMessenger
  • TL

<広島7-2DeNA>◇12日◇マツダスタジアム

広島が同点の7回、丸佳浩外野手(29)、鈴木誠也外野手(24)、松山竜平外野手(32)のクリーンアップ3連打で勝ち越した。

7回1死三塁から丸が右翼へのクリーンヒットで勝ち越すと、4番鈴木は中堅頭上を襲う三塁打で続いた。さらに5番松山も右前打でこの回一気に3点を勝ち越した。

結果的に決勝打となった丸は「形はどうであれ、何とか走者をかえしたかった。しっかり打ち返すことが出来ました」と振り返った。

このニュースの写真

  • 7回裏広島1死一塁、鈴木は中越え適時三塁打を放つ(撮影・加藤哉)
  • 7回裏広島1死三塁、松山は右前適時打を放つ(撮影・加藤哉)
  • FacebookMessenger
  • TL