国学院大・貞光主将が復帰、引き分けに「最低限」

<東都大学野球:東洋大2-2国学院大>◇第2週第4日◇24日◇神宮

国学院大の主将・貞光広登二塁手(4年=天理)が復帰した。16日の東洋大との1回戦で、試合開始直後の守りで遊撃手と交錯し、左足首を痛め交代。

捻挫の診断だった。試合も敗れた。

19日の同2回戦は欠場するしかなかったが、チームは勝利。「最初は腫れて歩けなかったけど、次の試合に勝ってくれた。(3回戦に)絶対、間に合わせようと思いました」。今週は変則日程で、この日の3回戦まで日にちが空いた。無事「2番二塁」で先発に名を連ね、初回1死走者なしから二塁打で出塁。先制点につなげた。

もっとも、試合は勝ちきれなかった。2-0の8回、暴投で1点を失い、9回には失策で追い付かれた。延長10回には1死満塁のピンチを招いたが、勝ち越しは許さなかった。結局、試合時間が規定の3時間半を超えたため、延長11回引き分け。25日午前10時から4回戦を戦う。

貞光は「ランナーを背負ってから、投手は強い球を投げられていた。いいイメージを持って、明日も投げてくれれば。打線が打てなかった。チャンスで取り切れていれば。でも負けなかったのは、最低限です」と切り替えていた。