オリックス拙守で連敗、西村監督が指摘「二遊間が」

<ソフトバンク7-2オリックス>◇5日◇ヤフオクドーム

最下位オリックスは4回の拙守が尾を引き、連敗となった。1点ビハインドで先頭の松田宣のライナー性の打球が直前に沈み、二塁の福田周平内野手が後逸。

続くグラシアルの三遊間への打球は遊撃の大城滉二内野手がトンネル。無死一、三塁のピンチを招き、明石の適時打であっさりと追加点を許した。牧原には2点適時三塁打を浴び、相手に流れを渡した。西村徳文監督は「今日は4回でしょうね。投手の足を引っ張ってしまった。二遊間がしっかりしないと」と指摘した。

4回に2失策し、大城と並びリーグ3位の4失策となった福田は先頭打者を許した場面に「(判断に)迷った部分もありましたけど、普通にさばかないといけない当たりだった」と悔やんだ。反撃も5回にチームの令和1号となる伏見の2ランのみ。ソフトバンクには3連敗で開幕から1勝6敗1分けと苦戦している。

その他の写真

  • ソフトバンク対オリックス 4回裏ソフトバンク2死、三森大貴の打球を後逸する福田周平(撮影・栗木一考)
  • ソフトバンク対オリックス 4回裏ソフトバンク無死一塁、ジュリスベル・グラシアルの打球を後逸する大城滉二(撮影・栗木一考)=2019年5月5日、ヤフオクドーム