吉田輝星1軍初登板へ、松坂鮮烈デビュー戦をイメージ

「令和」の幕開けを告げる、新たな伝説を作る。日本ハムのルーキー吉田輝星投手(18)が、デビュー戦となる12日「日本生命セ・パ交流戦」広島戦(札幌ドーム)で、強気の勝負を誓った。

お手本は「平成の怪物」と呼ばれた西武松坂大輔投手(現中日=38)のデビュー戦だ。高卒新人ながら8回2失点、9三振を奪った堂々たる姿に「そういうイメージでマウンドに上がりたい」と意気込みを口にした。

   ◇   ◇   ◇

本番が近づくにつれて、注目ルーキーの表情が引き締まってきた。日本ハム吉田輝は「マウンドでは強気を崩さずに、しっかり投げられたらいいなと思います」とデビュー戦となる12日広島戦へ思いをはせた。

大の負けず嫌いで、注目されるのは大歓迎というスター気質。昨夏、金足農(秋田)を率いて全国準優勝を成し遂げた右腕は、周囲の盛り上がりを楽しんでいるようにさえ見える。99年、高卒新人ながら最速155キロの直球を堂々と投げ込み鮮烈デビューを飾った西武松坂を手本に「気持ちは、そういうイメージでマウンドに上がりたい」と、新伝説の青写真を描き、モチベーションを高めた。

相手はセ・リーグの王者、広島だ。当日の相手先発はセ最多勝の大瀬良が予想されるが、それが一層、18歳のハートを刺激する。「点を取られないようにしないと勝利は近づかない」と覚悟を口にした上で「格上のすごい投手ですが、誰にでも負けるのはイヤ。負けないという気持ちは、しっかり持っていきたい」と、強烈な負けん気をのぞかせた。

10日は休養日で、11日は本番へ向け、本拠地の札幌ドームで最後の調整に臨む。前売りチケットの売り上げは好調で「たくさん見に来てもらったほうが気合も入るし、自分の全力を出しやすい」。地元秋田からは、両親も応援に駆けつける予定。多くの人の記憶に残り、語り継がれる投球で、プロ人生の1歩を刻む。【中島宙恵】

◆松坂のデビュー戦 西武1年目の99年4月7日、日本ハム戦(東京ドーム)で先発。1回に155キロで片岡から空振り三振を奪うなど、6回1死まで無安打。8回5安打、9奪三振、2失点で勝利投手になった。水曜日のナイターに観衆4万4000人。当日券売り場には午前5時半から人が並び、外野当日券売り場では徹夜組も出た。

その他の写真

  • プロ初登板の西武松坂大輔は日本ハム片岡篤史を三振に打ち取ったボールで155キロを記録(1999年4月7日撮影)