バンデンハークが米検査へ出発、回復へ最善の道探る

ソフトバンクのリック・バンデンハーク投手(34)が14日、右肘検査のため、米国に向けて福岡空港から出発した。

右肘の張りで6日に出場選手登録を抹消されていた。国内での検査の結果、遊離軟骨の症状が見られたという。バンデンハークは「アメリカに渡って、1日も早く戻るためにどういうオプションがあるか、しっかり考えたい」と話した。クリーニング手術なども選択肢に入れ、回復への最善の道を探る。

その他の写真

  • 渡米前、囲み取材に応じるも浮かない表情を見せるソフトバンクのバンデンハーク(撮影・菊川光一)