巨人ドラフト候補絞る、明大森下は「当然A評価」

巨人は17日、都内の球団事務所でスカウト会議を行い、ドラフト候補選手を約100人に絞り込んだ。

1位候補のAランクには、大船渡(岩手)佐々木朗希投手(3年)、明大・森下暢仁投手(4年=大分商)らが挙がる。この日、日本一になった森下について、長谷川スカウト部長は「Aですね。当然でしょう。最初にリストに出た時からAだった」と位置付ける。今季から各担当スカウトによるクロスチェックを復活させ、多角的な視点で徹底マークを続ける。