矢野監督、先手采配的中「いってしまった方がいい」

<阪神4-3ヤクルト>◇20日◇甲子園

阪神矢野燿大監督の攻撃的な采配が実った。9回は先頭で代打北條が右中間二塁打。陽川にはバントを命じて、プロ初犠打を決めた。

1死三塁になると代走江越を投入し、近本の浅い左翼への飛球でサヨナラの生還。「(陽川へのバントは)ちょっと迷ったけどな。(植田)海のところに打順が回ってきても、どうしようかと。もう江越に代えた時点で、あのままいけば、トリ(鳥谷)が守るということやし。1個1個、やっておいてよかったなと、あとで思うよりは、いってしまった方がいい」。目まぐるしく手を打った場面を丁寧に説明した。

その他の写真

  • 阪神対ヤクルト 9回裏阪神無死、矢野燿大監督(右から2人目)は代打北條史也の右二塁打に喜ぶ(撮影・上山淳一)
  • 阪神対ヤクルト 9回裏阪神無死二塁、陽川尚将は送りバントを決める(撮影・上山淳一)