ソフトバンク接戦制す、椎野4勝 西武松本航3敗

<ソフトバンク2-1西武>◇19日◇京セラドーム大阪

西武は初回に森の適時打で1点先制。ソフトバンクは2回まで無安打だったが、3回にグラシアルの犠飛で同点に追いついた。

ソフトバンクは4回2死三塁で、相手暴投の間に明石が生還し勝ち越し。4回から救援した椎野は6回までの3回を完全投球した。

ソフトバンクは継投で1点リードを守りきり2連勝。2位西武とのゲーム差は6となった。椎野が今季4勝目。森は26セーブ目。西武松本航は3敗目。

その他の写真

  • ソフトバンク対西武 4回裏ソフトバンク2死三塁、松本航がワイルドピッチで三塁走者の明石が生還、勝ち越す(撮影・奥田泰也)
  • 西武対ソフトバンク 2回裏西武1死一、二塁、松田宣に四球をあたえ汗を拭う松本航(撮影・奥田泰也)